重要なお知らせ

アルファSSLからのニュースや重要な情報をお知らせしています。
アルファSSL > ニュース&プレスリリース > 2010年3月19日

暗号アルゴリズム2010年問題への弊社の対応とお客様へのご案内


アルファSSLでは、暗号アルゴリズムの2010年問題(*1)について、重要性を十分に考慮し、サービス提供時(2008年7月)より取り組んで参りました。

■弊社の対応
──────────────────────────────────
ルート証明書および中間CA証明書の対応は完了しており、今後、お客様の証明書(エンドエンティティ証明書)への対応を進めるため、証明書管理システム(お申込みフォーム)の設定変更を予定しています。

■お客様へのお願い
──────────────────────────────────
ご利用環境の安全性向上のためにも、サービスをお申し込みの際は、CSR(証明書署名要求)等の公開鍵の鍵長をRSA2,048bit以上でお申し込みくださいますようお願いいたします。

(*1)暗号アルゴリズムの2010年問題
コンピュータの処理能力の向上や暗号解読技術の進歩により、暗号技術の安
全性が徐々に低下することが懸念されています。
例として、2004年8月に、米国政府の暗号技術の標準を定めている米国商務
省国立標準技術研究所(NIST)は、2010年末までに次世代の暗号技術(暗号
アルゴリズム・鍵長)へ移行をする計画を公表しております。
そのような世界的情勢から、関係団体や各企業の製品・サービスは、より安
全性の高い暗号技術への移行を進めております。一方でそれが様々なシステ
ムやビジネスへ影響することから、一般的に「暗号アルゴリズムの2010年問
題」と呼ばれています。

 

■お申込みフォームの設定変更について
──────────────────────────────────
(1)2010年4月26日(月)の変更内容

 ・対象サービス:
アルファSSLの全証明書サービス

 ・変更日:
2010年4月26日(月)
※定期メンテナンス時に実施

 ・変更内容:
乗換えで、有効期限が2014年1月1日以降となる証明書 のお申し込み時に、
CSR(証明書署名要求)等の公開鍵の鍵長がRSA2,048bit未満の場合は受付を
いたしません。公開鍵の鍵長はRSA2,048bit以上でお申し込みください。

  

 

(2)2010年末(予定)の変更内容

 ・対象サービス:
アルファSSLの全証明書サービス

 ・変更日時:
2010年末(予定)
※詳細な日時は別途ご連絡いたします。

 ・変更内容:
CSR(証明書署名要求)等の公開鍵の鍵長がRSA2,048bit未満の場合は
お申し込みの受付をいたしません。公開鍵の鍵長はRSA2,048bit以上
でお申し込みください。

■その他の重要なご連絡事項
──────────────────────────────────
・有効期限が2014年1月1日以降のSSLサーバ証明書をご利用のお客様について
公開鍵の鍵長がRSA2,048bit未満の場合は、弊社から別途連絡いたし
ます。

・対応プラットフォーム(ブラウザや携帯電話等)への影響について
サービスご提供時(2008年7月)よりルート証明書および中間CA証明書の鍵長
はRSA2,048bitに対応しており、ブラウザや携帯電話等への対応状況に影響は
ございません。
※「クロスルート」形式の運用変更はございません。

・お客様のご利用環境への影響について
現在、多くの環境において、RSA2,048bitへの対応が確認されています。
しかし、お客様がご利用のシステム構成や機器の組み合わせにより、
RSA2,048bit以上に対応していない可能性もございます。
不明な点がございましたら、各機器やシステム開発元へご確認ください
ますようお願いいたします。

変更事項や、追加事項がございましたら、メールまたは弊社ウェブサイト上でお知らせいたします。

ご質問や不明な点などございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

以上


 

to top
SSL Supported Browsers