署名の確認方法

Adobe AIR対応バージョン
アルファSSL > サービス > コードサイニング証明書 > Adobe® AIR®対応 > 署名の確認方法

Adobe AIRで開発されたアプリケーションをインストールしようする場合、署名の有無によって、インストーラの状態とセキュリティの警告表示が異なります。

署名無しの場合

無署名の場合、AIRIという形式のファイルが生成され、インストーラが立ち上がりません。(ダイアログも出ません。)

 

自己署名の場合

自己署名のAIRアプリをインストールした場合は、発行者が不明となり、“?”マークが警告を表す赤色に表示されます。不明な発行者は、配布先のユーザに不安を与えます。

ユーザがディベロッパーの自己署名証明書を自らのマシーンにインストールした場合を除く

 

認証局の証明書で署名した場合

認証局の証明書で署名されたアプリケーションをインストールする場合は、発行者(配布元)を確認できます。また、署名されたアプリケーションに改ざんがあった場合は、インストールが不可能になるため、不注意に改ざんされたプログラムをインストールすることを未然に防ぎます。


システムアクセス権 : 署名されていてもAIR1.1ではシステムアクセスは赤い×マークで表示されます。


 

お申込み方法を確認 利用方法を確認

 

 

 

 

SSL Supported Browsers