署名の確認方法

Java対応バージョン
アルファSSL > サービス > コードサイニング証明書 > Object signing対応 > 署名の確認方法

署名なしの場合(JavaAppletの実行)

ブラウザはアプレットの読み込みに失敗してプログラムの実行ができません。

MS Authenticode対応コードサインとは

 

署名付きの場合(JavaAppletの実行)

署名付きのソフトウェアを実行した場合、発行元(ソフトウエアの開発、配布、販売元)を確認できます。また、署名時点以降コードに改ざんがないことも確認できます。これにより不正なコード(ウイルス)等が混入したプログラムでないことを確認することができます。


詳細情報をクリックすると署名の情報を確認することが可能です。

さらに証明書の詳細をクリックすることで証明書情報を確認することが可能です。
被認証者の欄がプログラムに署名を行った会社の情報になります。



 

お申込み方法を確認 利用方法を確認

 

 

 

 

SSL Supported Browsers