良くあるご質問

導入全般について
アルファSSL > サポート > FAQ > 導入に関して > 導入全般に関して

導入全般に関して

実際に導入するとなりますといくら費用がかかるのでしょうか。


ウェブサイト上でご案内している価格以外に費用は発生いたしません。

ホスティングをご利用の場合には、ホスティングサービスに対する費用が別料金に設定されている場合がありますので、ホスティングサービス業者様へお問い合わせください。

一覧へ戻る

個人でも可能なのでしょうか。


アルファSSLは企業の実在証明を外しておりますので、個人様でもご導入いただけます。

一覧へ戻る

    サーバ管理者アドレスをadmin@以外のものにしたいのですが。


    弊社申し込み画面で、次のアドレスの候補よりご選択いただくことが可能です。

    • admin@コモンネーム
    • administrator@コモンネーム
    • hostmaster@コモンネーム
    • postmaster@コモンネーム
    • webmaster@コモンネーム
    • admin@コモンネームで使用されているドメイン名
    • administrator@コモンネームで使用されているドメイン名
    • hostmaster@コモンネームで使用されているドメイン名
    • postmaster@コモンネームで使用されているドメイン名
    • webmaster@コモンネームで使用されているドメイン名

     

    なお、管理者確認メールの受信ですが、このために特にメールサーバの構築やPOPアカウントを設置していただく必要はございません。
    管理者確認のためのメールと、証明書ファイルを受信するためのメールを受け取るために一時的に有効であれば良いので、例えばエイリアス等で普段お使いのメールアドレスに転送する、といった手法でも問題ございません。
    ご選択いただきましたメールアドレスへ管理者確認メールを送信いたしますので、その中にありますURLをクリックしますと、申込情報が記載されてあり、最後に「I approve」「I do not approve」の二つのボタンがございます。
    問題ないようでしたら、「I approve」のボタンをクリックしていただけますと、証明書はご選択いただいたメールアドレス宛てにサーバ証明書が送信されます。

    ※サーバ管理者アドレスが利用できない場合、ドメインのWhois情報にございます特定のアドレスでも可能です。詳細はこちらをご覧下さい。

    一覧へ戻る

    独自ドメイン名以外のコモンネーム(FQDN)でも利用できますか。


    アルファSSLは、ドメイン認証のSSLサーバ証明書になりますので、コモンネームに一般的なドメイン名以外の、例えば、イントラネット専用のサーバ名のみ(.local)等への証明書発行はできません。

    IPアドレスをコモンネーム(FQDN)に利用した証明書発行もできません。

    独自ドメインをコモンネーム(FQDN)にご利用いただく必要がございます。

    一覧へ戻る

    ページ認証とは何ですか。


    「ページ認証」とは、SSLサーバ証明書の取得申請を行ったウェブページのHTMLに、弊社が指定したMETAタグを挿入することで、お客様(申請者)とドメイン所有者との関係性を認証する新たな認証方法です。
    認証方式の選択肢が広がることにより、お客様は自身の環境に最適な認証方法が選択できるようになりました。

    ページ認証のお申込み方法は、こちらをご覧下さい。

    METAタグの確認のため、外部からアクセスできる状態であることが必要です。 リダイレクト先ページでのMETAタグ確認には対応しておりません。
    場合によっては、リダイレクトの設定を一時的に無効にしていただく必要がございます。

    一覧へ戻る

    コモンネームについて教えてください。

     

    ●サーバ証明書のコモンネーム(Common Name、一般名)は、CSRを生成する際に入力する項目で、
    ブラウザでサーバにアクセスする際に入力するURL(FQDNまたはIPアドレス)が該当いたします。

    例)
    URL→ https://www.toritonssl.com/contact/index.html
    コモンネーム→  www.toritonssl.com
    ワイルドカードの場合は「*.toritonssl.com」となります。

    ・サーバ証明書のコモンネーム表示例
    黄色い(www.toritonssl.com)部分が、コモンネーム(FQDN)となります。


    一覧へ戻る

    ポート番号とは何ですか。


    ポート番号は、コンピュータで、実際に通信される出入口の番号です。
    URLやIPアドレスが住所のようなもので、その家には玄関がいくつもあるとイメージしてください。
    各玄関には番号が振られています。これがポート番号です。

    これらのポート番号のうち、特定のプロトコルで使用するように決められているものがあります。
    これをウェルノウンポートと呼びます。
    ※プロトコル=通信をする際にあらかじめ決められた約束事。

    ウェルノウンポートの例
    プロトコル  ポート番号
    HTTP     80番
    SMTP     25番
    POP     110番
    HTTPS     443番

    SSLの通信では、HTTPSの443番ポートを利用します。

    URLでサイトに接続する際、原則としてドメイン名の後に:(コロン)を付けてポートを指定する必要が
    ありますが、ウェルノウンポートであればそれを省略することができます。そのため、一般的なウェブ
    サイトのURLにはポート番号がついていません。

    以下の2つのURLは同じところを指します。

    アルファSSLのトップページ
    http://www.toritonssl.com:80/
    http://www.toritonssl.com/


    サイト閲覧者の環境の中には、セキュリティ上の理由などから443番ポート以外でSSL通信が行えないように制限している場合があります。

    もしお客様のサイトが、10443番ポートでSSL通信をするようサーバを設定していて、閲覧者が10443番ポートの使用を制限されている場合、その閲覧者からはお客様のサイトにたどりつけません。
    お客様のサイトがショッピングサイトであれば、その分販売の機会を失うことになります。

    そのため、SSLの通信には、ウェルノウンポートである443番ポートのご利用をお勧めしています。

    関連する情報
    サイトシールの表示条件に関して

    一覧へ戻る

    日本語ドメイン名には対応していますか。


    日本語のドメイン名(IDN:Internationalized Domain Name)は、DNSで名前解決をするため、PUNYコードという文字列に変換・符号化されます。この「PUNYコード」で証明書を発行することによってSSLをご利用いただくことは可能ですが、サイトシールは日本語表記に対応しておりません。

    お名前.com  →  xn--t8jx73hngb.com 

    サイトシールで表示されるコモンネームは、上記例の場合「xn--t8jx73hngb.com」となります。
    また、ブラウザによっては、シール自体が表示されない場合もございます。ご了承ください。

    IDN Conversion Tool
    http://punycode.jp/


    一覧へ戻る

    DNS認証とは何ですか。


    「DNS認証」とは、SSLサーバ証明書の取得申請を行ったFQDNのDNSサーバのTXTレコードに、弊社が指定したDNS認証文字列を設定する事で、お客様(申請者)とドメイン所有者との関係性を認証する新たな認証方法です。
    認証方式の選択肢が広がることにより、お客様は自身の環境に最適な認証方法が選択できるようになりました。

    DNS認証のお申込み方法は、こちらをご覧下さい。

    DNS認証文字列の確認のため、外部からアクセスできる状態であることが必要です。

    一覧へ戻る

     


 

ページトップへ
SSL Supported Browsers