良くあるご質問

SHA-2(SHA256) サーバ証明書の対応について
アルファSSL > サポート > FAQ > 対応プラットフォーム・環境など > SHA-2(SHA256) サーバ証明書の対応について

SHA-2(SHA256) ルート証明書(R2)の対応について

SHA-2(SHA256) ルート証明書(R1)の対応はこちら

対応OS


  • Microsoft Windows XP SP3 以降
  • Microsoft Windows Server 2008以降
  • Microsoft Windows Phone 7 以降
  • Apple Mac OS X 10.64 以降
  • Apple iOS 4.0 以降
  • Google Android 2.3 以降
  • RIM BlackBerry 5.0 以降

 

参考サイト

・SHA2 and Windows
・Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で SHA-2 ハッシュ アルゴリズムを利用可能
・マイクロソフト セキュリティ情報 MS13-095

 

対応ウェッブブラウザ


  • Microsoft Internet Explorer 6 (Windows XP SP3) 以降
  • Google Chrome 1.0 以降
  • Mozilla Firefox 3.6.12 以降
  • SeaMonkey 2.0.11 以降
  • Opera Software Opera 9.5 以降
  • Apple Safari 4 (Mac OS X 10.6.4) 以降

 

※Windows Vista 以降では、マイクロソフト社のサイトよりルート証明書を取得するため、インターネットへの接続が必要になります。

 

対応サーバ


  • Apache httpd OpenSSLが対応していれば利用可能
  • Apache Tomcat Javaが対応していれば利用可能
  • Microsoft IIS Windowsが対応していれば利用可能
  • Microsoft Exchange Server Windowsが対応していれば利用可能
  • Oracle Weblogic 10.3.1 以降
  • IBM HTTP Server GSKit 7.0.4.14 以降で利用可能
  • IBM Domino Server 9.x (Fix Pack) 以降

 

参考サイト

・Can IHS use SHA-2 (sha224, sha256, sha384, sha512) digest algorithms?
・IBM Domino サーバー 9.x での SHA-2 サポートについて

 

対応ライブラリ


  • OpenSSL Project OpenSSL 0.9.8o 以降※
  • GnuTLS 1.7.4 以降
  • Oracle JAVASE17以降
  • Oracle J2SE7以降
  • Mozilla NSS 3.12.8 以降
  • Microsoft .NET 3.5 SP1 以降

 

※ハッシュアルゴリズムのSHA256は、OpenSSL 0.9.8より搭載されておりますが、標準で有効になったのは0.9.8oからです。

参考サイト

・Changes between 0.9.8zf and 0.9.8zg [11 Jun 2015]
・GnuTLS-2.0.0 changelog
・Using RSACryptoServiceProvider for RSA-SHA256 signatures

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

     

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers