マニュアル

CSRの生成方法について
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > CSRの生成方法について > Apache-SSL + SSLeay 新規・更新

CSRの生成方法について(Apache-SSL + SSLeay)新規・更新



本マニュアルは、手順をご案内するものです。コマンドの意味等につきましては、各情報サイトや参考書籍等でご確認ください。

 

 

弊社では以下手順にて動作検証をおこなっておりますが、Apacheの動作を保証するものではございません。

 

Apacheはオープンソースのアプリケーションです。脆弱性などの問題がないか、随時情報を確認いただき、万一問題が発見された場合は、該当サービスの停止や、対応パッチがリリースされている場合は速やかに適用するなど、運用には十分ご注意ください。


  • 本例では以下環境を前提としています。お客様の環境に合わせて任意に読み替えてご覧ください。
コモンネーム ssl.toritonssl.com
SSLeayコマンドまでのパス/usr/local/ssl/bin/ssleay/
confディレクトリまでのパス/usr/local/apache/conf/
秘密鍵のファイル名toritonssl_key.pem
CSRのファイル名toritonssl_csr.pem

鍵を保存したいディレクトリに移動し、ランダムファイルを生成し、秘密鍵を作成します。
  既存のファイルに誤って上書きをしないようご注意ください。

作業ディレクトリに移動
cd /usr/local/apache/conf

乱数をrand.datというファイルで保存
/usr/local/ssl/bin/ssleay md5 * > rand.dat

秘密鍵を生成
/usr/local/ssl/bin/ssleay genrsa -rand rand.dat -des 2048 > toritonssl_key.pem



CSRを生成します。

/usr/local/ssl/bin/ssleay req -new -key toritonssl_key.pem -out toritonssl_csr.pem


※ 半角英数文字 および半角スペース[ ]、ハイフン[-]、ドット[.]、アンダースコア[_]、カンマ[,]、プラス[+]、
   スラッシュ[/]、かっこ[(]、閉じかっこ[)]がご利用可能です。
※ ワイルドカードオプションをご利用の場合は、Common Nameにアスタリスク[*]を含めてください。例: *.toritonssl.com
 

フィールド説明
Country Name国を示す2文字のISO略語です。JP
State or Province Name組織が置かれている都道府県です。Tokyo
Locality Name組織が置かれている市区町村です。Shibuya-ku
Organization Name組織の名称です。 AlphaSsl
Organization Unit Name組織での部署名です。 指定がない場合は - (ハイフン)を入力してください。Sales
Common NameウェブサーバのFQDNです。 ssl.toritonssl.com
Email Addres入力不要です。-
A challenge password入力不要です。-
An optional company name入力不要です。-

 

生成されたCSRをコピーして、申し込み画面に貼り付けてください。

 

     


 

ページトップへ
SSL Supported Browsers