マニュアル

CSRの生成方法について
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > CSRの生成方法について > iKeyman 新規・更新

CSRの生成方法について(iKeyman)新規・更新



注意

※ iKeymanでは、イントラネットオプションを追加した証明書をインストールできませんのでご注意ください。

IBM 鍵管理 (IKEYMAN)を起動します。

Windowsでは、「スタート」-「すべてのプログラム」-「IBM HTTP Server」-「鍵管理ユーティリティの開始」

UNIXでは、「ikeyman」コマンドを実行します。


メニューより「鍵データベース・ファイル」-「新規」を選択します。

鍵データベース・タイプは「CMS」、ファイル名・位置を指定し、OKボタンを押します。

※既存のファイルに上書きしないようご注意ください。


パスワード・確認パスワードを入力、「パスワードをファイルに隠しておきますか?」に

チェックを入れ、OKボタンを押します。

※こちらのパスワードは、鍵データベースを利用する際に必要になります。

鍵データベースの内容を個人用証明書要求に変更し「新規」ボタンを押します。

各欄に情報を入力していただきます。

 鍵ラベル:鍵のラベルです。例:Toriton-2007

 鍵サイズ:「2048」を選択します。

 共通名:ウェブサーバのFQDNです。 例:ssl.toritonssl.com

 組織:組織の名称です。 例:Toriton,Inc.

 組織団体:組織での部署名です。 例:Sales

 所在地:組織が置かれている市区町村です。 例:Shibuya-ku

 都道府県:組織が置かれている都道府県です。 例:Tokyo

 郵便番号:入力不要です。

 国あるいは領域:国を示す2文字のISO略語です。 例:JP

標準では、「certreq.arm」というファイル名でcsrが生成されます。

    ファイルをテキストエディタで開き、申し込みフォームにコピーします。

     


     

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers