マニュアル

CSRの生成方法について
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > CSRの生成方法について > Microsoft Internet Information Services 8.0/8.5 新規・更新

CSRの生成方法について(Microsoft Internet Information Services 8.0/8.5)新規・更新


 

こちらでは、Windows Server 2012のIIS8.0及び Windows Server 2008R2のIIS8.5でCSRを生成する手順をご紹介いたします。

 

インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャを開き、サーバ証明書アイコンをダブルクリックします。

 

 

右側の操作メニューから、「証明書の要求の作成」をクリックします。

 

 

ディスティングイッシュネームを入力し、次へ進みます。

 

※一般名は、半角英数文字 および ハイフン[-]、ドット[.]が利用可能です。
※一般名、国/地域 以外は、 半角英数文字と半角スペース、および 半角記号 !#%&'()*+,-./:;=?@[]^_`{|}~ がご利用可能です。
※ワイルドカードオプションをご利用の場合は、一般名にアスタリスク[*]を含めてください。例: *.toritonssl.com

 

 

暗号化サービス プロバイダは「Microsoft RSA SChannel Cryptographic Provider」、
   ビット長は2048bitを選択して次へ進みます。

 

 

CSRファイルの保存先とファイル名を指定し、終了ボタンを押します。

 

 

以上で完了です。
指定した保存先にCSRファイルがありますので、この内容を、お申し込みフォームに貼り付けて
お申し込みください。

 

 

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers