マニュアル

CSRの生成方法について
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > CSRの生成方法について > Microsoft Internet Information Services 6.0 新規

CSRの生成方法について(Microsoft Internet Information Services 6.0)新規


 

IIS5.0、6.0では、その仕様により一旦サーバ証明書をインストールすると、別の証明書(本番用等)で上書きすることができません。そのため、テスト証明書申請時のCSRではなく、新しいCSRで本番の証明書をお申し込みいただく必要があります。
  • IISでは、「保留中の要求を削除する」を実行すると、発行された証明書をインストールする事ができなくなりますのでご注意ください。

「管理ツール」の「インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ」を起動します。証明書の設定を行うサイトを右クリックし、プロパティを表示します。

「Webサイトのプロパティ」で「ディレクトリ セキュリティ」タブを表示し、「セキュリティ保護された通信」の「サーバ証明書」ボタンを押します。

「Webサーバ証明書ウィザード」が起動しますので、「次へ」ボタンを押します。

「証明書の新規作成」を選択し、「次へ」ボタンを押します。

「証明書の要求を作成して後で送信する」のまま、「次へ」ボタンを押します。

「名前」は、任意の識別名を入力し、「ビット長」は2048bit以上を選択します。

組織(Organization)、部門(Organization Unit)を入力し、「次へ」ボタンを押します。
 ※半角英数文字 および半角スペース[ ]、ハイフン[-]、ドット[.]、アンダースコア[_]、カンマ[,]、プラス[+]、スラッシュ[/]、かっこ[(]、閉じかっこ[)]がご利用可能です。

一般名(Common Name)を入力し、「次へ」ボタンを押します。
 ※サイトのURLに相当する部分です。正確に入力してください。

国/地域(Country)を選択、都道府県(State)、市区町村(Locality)を入力し、「次へ」ボタンを押します。
 ※半角英数文字 および半角スペース[ ]、ハイフン[-]、ドット[.]、アンダースコア[_]、カンマ[,]、プラス[+]、スラッシュ[/]、かっこ[(]、閉じかっこ[)]がご利用可能です。

CSRの保存先、ファイル名を入力し、「次へ」ボタンを押します。

入力した情報に間違いがないか確認し、「次へ」ボタンを押します。間違いがあった場合は、「戻る」ボタンで該当欄まで戻り修正してください。

「完了」ボタンを押します。

生成されたファイル(例の場合はcertreq.txt)をメモ帳で開き、申し込みフォームにコピーします。

※証明書の設定前に「保留中の要求を削除する」を実行すると発行された証明書をインストールする事ができなくなりますのでご注意ください。

参考リンク



Microsoft Internet Information Services サポート オンライン

Microsoft Windows Server 2003

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers