マニュアル

CSRの生成方法について
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > CSRの生成方法について > PLESK7.5 新規・更新

CSRの生成方法について(PLESK7.5)新規・更新


ワイルドカード証明書をご利用の場合、コモンネームに *(アスタリスク)を含めていただく必要がありますが、 PLESK上では * を含めたCSRは生成できません。 opensslコマンドが実行できる環境をご用意いただき、コマンドでCSRを生成してください。

 

関連情報: PLESKでワイルドカード証明書を利用するには。


PLESKにadmin権限でログインし、左のメニュー「ドメイン」に進み、SSLを設定したいドメイン名をクリックします。

サービスの中の「証明書」アイコンをクリックします。
 ※ここで入力するパスフレーズを忘れてしまうと使用することができなくなりますのでご注意ください。

「証明書を追加」アイコンをクリックします。

各項目を半角英数字で入力し、「リクエスト」ボタンを押します。

ビット長は2048bit以上を選択して次へ進みます。

※ 部/課名に指定がない場合は - (ハイフン)を入力してください。
※ 半角英数文字 および半角スペース[ ]、ハイフン[-]、ドット[.]、アンダースコア[_]、カンマ[,]、プラス[+]、
   スラッシュ[/]、かっこ[(]、閉じかっこ[)]がご利用可能です。
※ 「ビット数」は、1024を選択してください。
※ ドメイン名は「コモンネーム」に相当します。ホスト名もあわせて入力してください。

設定した証明書名が一覧に表示されますのでクリックします。

画面中のCSRをコピーし、お申込み画面に貼り付けてください。

     


     

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers