SSL/TLS 設定マニュアル

SSLサーバ証明書のインストール
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > サーバ証明書のインストール > Oracle Wallet Manager 新規・更新

SSLサーバ証明書のインストール(Oracle Wallet Manager)新規・更新


 

※ このマニュアルは、Windows版を元に作成しております。

サーバ証明書をコピーしてサーバに保存してください。
「-----BEGIN CERTIFICATE-----」から「-----END CERTIFICATE-----」までの文字列になります。
   ※管理者様宛てにメールをお送りしています。「◆証明書」の部分をコピーしてください。

中間証明書・ルート証明書もサーバに保存します。下記よりご利用のものを取得ください。


 Oracle Wallet Managerを起動し、CSRを生成したWalletを開きます。

 

メニューの「操作」-「信頼できる証明書のインポート」を選択し、①で作成したルート証明書・中間証明書をインポートします。

 

 メニューの「操作」-「ユーザー証明書のインポート」を選択し、
   ①で作成したサーバ証明書をインポートします。

 

 必要であればメニューの「Wallet」-「自動ログイン」にチェックを入れ、
   「保存」でWalletを保存します。

 「ssl.conf」の「SSLWallet」ディレクティブにWalletを保存したパスを指定します。

<VirtualHost _default_:443>
SSLEngine on
SSLWallet file:C:\product\10.1.3.2\companionCDHome_1\ohs\conf\ssl.wlt\default
</VirtualHost>

このほかの詳細な情報に関してはOracleのWEBページを確認してください。



     

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers