SSL/TLS 設定マニュアル

SSLサーバ証明書のインストール
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > サーバ証明書のインストール > Windows上でOpensslコマンドを実行したい

Windows上でOpensslコマンドを実行したい


 

弊社では以下手順にて動作検証をおこなっておりますが、OpenSSLの動作を保証するものではございませんので、参考情報としてご覧ください。アプリケーションの詳細については付属のドキュメントや関連書籍等でご確認ください。

OpenSSLはオープンソースのアプリケーションです。脆弱性などの問題がないか、随時情報を確認いただき、万一問題が発見された場合は、該当サービスの停止や、対応パッチがリリースされている場合は速やかに適用するなど、運用には十分ご注意ください。

Windowsの環境で、OpensslコマンドでCSRの生成等を行いたい場合は、アプリケーションの インストールが必要です。

アプリケーションの例: OpenSSL for Windows
http://www.openssl.org/related/binaries.html

インストール後、必要に応じて環境変数を設定してください。 マイコンピュータのプロパティで、詳細設定タブを開き、環境設定ボタンを押します。

セミコロン区切りで、以下パスを追記します。

;c:\OpenSSL\bin

設定後、コマンドプロンプトを立ち上げなおし、以下コマンドがエラーなく実行できれば設定完了です。

openssl version

 

 

 



     

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers