SSL 設定マニュアル

FTPサーバでの設定方法
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > FTPサーバでの設定方法 > TitanFTPでの設定方法

[FTP over SSL] TitanFTPでの設定方法


 

FTP over SSLを利用すると、データを暗号化して転送することが可能です。

以下の2つのステップでご案内します。

 


CSRの生成


 

FTPS/SSLタブを開きます。

  「このサーバーのSSL/TLSアクセスを有効化」にチェックを入れ、「証明書の管理」ボタンを押します。


 証明書マネージャが開きますので、「作成」ボタンを押します。

 証明書情報(ディスティングイッシュネーム)を入力し、次へ進みます。

※半角英数文字 および半角スペース[ ]、ハイフン[-]、ドット[.]、アンダースコア[_]、カンマ[,]、プラス[+]、
スラッシュ[/]、かっこ[(]、閉じかっこ[)]がご利用可能です。
※TitanFTPではサーバのホスト名にアスタリスク[*]を含めることができないため、ワイルドカードは利用できません。

フィールド 説明
サーバのホスト名 サーバのFQDNです。 ssl.alphassl.com
組織名 組織での部署名です。
※指定がない場合は - (ハイフン)を入力してください。
Toriton
部署名 組織の名称です。 Sales
組織の市区町村 組織が置かれている市区町村です。 Kmakura-shi
都道府県 組織が置かれている都道府県です。 Kanagawa
国名 国を示す2文字のISO略語です。 JP
有効期限の開始 自己署名証明書の有効期限開始日です。
弊社で発行する証明書との関連はありません。
有効期限の終了 自己署名証明書の有効期限終了日です。
弊社で発行する証明書との関連はありません。
E-mailアドレス 入力不要です。 -

 


2048ビット以上の鍵長を選択し、次へ進みます。


秘密鍵パスワードを2度入力し、次へ進みます。

「信頼できる認証局から署名を得るためにCSRを生成する」にチェックを入れ、エクスポート先を指定して
  「完了」ボタンを押します。

指定したエクスポート先に、CSRデータが書き出されています。これをメモ帳などで開き、
証明書お申し込みの際に貼り付けてください。

 証明書のインストール



サーバ証明書のテキストデータをサーバに保存します。

証明書はメールでお送りします。「◆証明書」の部分 [-----BEGIN CERTIFICATE-----] から
[-----END CERTIFICATE-----] までをコピーし、メモ帳などのテキストエディタに貼り付けて
サーバに保存します。ファイル名は任意で結構です。

証明書マネージャで証明書のインストール先を選択し、「CSR アップデート」ボタンを押します。


CSRファイルをプルダウンから選択し、パスワードを入力、「署名済み証明書」欄の右にあるボタンから手順1で保存したサーバ証明書ファイルを選択して「アップデートボタン」を押します。

OKをクリックします。

中間証明書を設定します。

以下の領域にある証明書ファイルが作成されていますので、メモ帳などのテキストエディタで開きます。

C:\srtFtpSecFiles\[サイト名]\CertStore\[証明書の名前].pem

お客様の証明書情報の下に、中間証明書をつなげて保存します。
中間証明書は、サーバ証明書と一緒にメールでお送りしていますので、メール本文をコピーするか、
リポジトリのページよりダウンロードしてください。


以上で設定完了となります。

SSL対応のFTPクライアントでの接続をご確認ください。


     

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers