SSL/TLS 設定マニュアル

常時SSL設定方法
アルファSSL > サポート > SSL/TLS 設定マニュアル > 常時SSL設定方法 > 全ページをSSL/TLSにする常時SSL設定について(Microsoft Internet Information Services 5.0 / 6.0)

全ページをSSL/TLSにする常時SSL設定について(Microsoft Internet Information Services 5.0 / 6.0)


 

全てのページを「https://」でアクセスできるよう調整することで、全ページをSSL/TLS暗号化通信で保護するようになります。その調整方法として、本マニュアルではHTTP301リダイレクトを紹介します。

本マニュアルでは便宜上、「http://www.example.com/~」でのアクセスを「https://www.example.com/~」へリダイレクトさせる前提で説明します。実際に利用するFQDNに置き換えて参照するようにしてください。

 

証明書が有効期限切れになった状態でhttps接続をすると、ブラウザが警告を表示するようになり、サイト閲覧者に不信感を与えてしまいます。警告を回避するためには、新たに証明書を発行してインストールする必要があります。


以下の手順で設定します。

Windowsサーバに管理者アカウントでログインし、コントロールパネルから[管理ツール]を選択する。

 [インターネットインフォメーション サービス (IIS) マネージャ]を選択する。

リダイレクト元となるWebサイト(http://www.example.com)のプロパティを開き、「ホームディレクトリ」タブを選択する。

[URL へのリダイレクト]のラジオボタンをオンにし、すぐ下に表示される4つの設定に項目について、それぞれ以下の通りに設定する。

設定項目 設定内容
リダイレクト先 https://www.example.com
上で入力したURL オフ
入力されたURLの下のディレクトリ オフ
このリソースへ永続的にリダイレクトする オン
このリソースへ永続的にリダイレクトする オン


※リダイレクト先で指定するURLの末尾に「/」(スラッシュ)は付けないでください。付けた場合は「/」が二重になります。

 

 

 

 

 


     

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers