ニュース

アルファSSLからのニュースや重要な情報をお知らせしています。
アルファSSL > ニュース&プレスリリース > 2016年05月27日

他社認証局に対するGoogle ChromeブラウザによるCertificate Transparencyについて


2016年5月27日

平素は、アルファSSLをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

現在、Google社のChromeブラウザでは、 全ての認証局が発行するEV SSLサーバ証明書に対して、信頼性をより高めるためにCertificateTransparency(以下CT、※)の適用を義務付けておりますが、 弊社のアルファSSLでは、現在の所、EV SSLサーバ証明書の発行は、行っておりません。

※CTとは、正規に発行された証明書の情報を「Log」として登録し、TLSクライアントがサーバに接続する際にその「Log」を参照することで証明書の正当性を検証できるようにするというもの。Googleによって2013年に考案され、2015年からGoogle Chromeブラウザにおいて実装。

このたび、Google社では、特定の認証局の不正発行を起因とし、2016年6月1日以降、その特定の認証局が発行する証明書に限り、EV SSLだけではなく、ドメイン認証、企業認証を含むすべての証明書について不正が早期発見できるCT対応を義務付けました。

この措置は弊社に対しては適用されません。そのため、CT対応していない弊社のアルファSSLに対して、Google Chromeブラウザでアドレスバーに警告が表示されることはございません。

アルファSSLは、従来通り、ご利用になれますので、どうぞご安心ください。



【参考資料】

 



 

以上


 

to top
SSL Supported Browsers