SSL/TLSに関して

SSLサーバ証明書とは?
アルファSSL > SSL/TLSに関して > SSLサーバ証明書とは?

SSLサーバ証明書とは?

 

役割

SSLサーバ証明書

 

SSLサーバ証明書とはWEBサイトの所有者の情報、送信情報の暗号化に必要な鍵、発行者の署名データを持った電子証明書です。主に下記二つの役割があります。

 

 

 

  1. 証明書に表示されたドメイン(サーバ)の所有者であることの証明
  2. ブラウザとウェブサーバ間でのSSL/TLS暗号化通信の実現

 

これによりサイトの訪問者は『情報の送信先』や『送信する情報が暗号化されること』を確認することができ安心して情報を送ることができます。

 

※更に、鍵マークをダブルクリックすると表示されるプロパティの「証明書」をクリックすることにより 証明書情報を確認することができます。

 

SSLサーバ証明書の信頼性

データの送信先を信頼するには、証明書自体が信頼できるものでなければなりません。サーバ証明書は知識さえあれば誰でも発行することができます。例えば、オレオレ詐欺のように自ら発行した証明書(自己署名の証明書)で他人になりすますこともできてしまいます。そこで証明書に信頼性を持たせるために、アルファSSLをはじめとした信頼のできる第三者認証機関から発行された証明書を使用することで、アクセスするユーザに対して「信頼できる認証機関から発行された証明書を使用している安全なサイト」という安心を与えることができます。

 

 

 

アルファSSL は、オンライン審査により、コスト削減と煩雑な手続きの解消を実現しました。また、フィッシング審査によって、格安SSL/TLSでありながら、より信頼されるサービスを展開をいたしております。


※ 証明書発行時の確認作業を徹底しております都合上、発行までにお時間が掛る場合や、書類の提出が必要となる場合もございますので予めご了承ください。 詳細な審査基準につきましては、セキュリティの都合上お答えできない場合もございます。何卒、ご理解の程、お願いいたします。

 

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers