SSL/TLSに関して

ワイルドカード証明書とは?
アルファSSL > SSL/TLSに関して > ワイルドカード証明書とは?

 

ワイルドカード SSLサーバ証明書とは?

ワイルドカードとは

ワイルドカードSSLサーバ証明書とは、コモンネームに*.を付ける事で、*.の同一階層部分を無制限に利用できるものです。ひとつの証明書で、指定されたドメイン名に属している同一階層全てのサブドメインが有効に機能します。

 

通常の証明書は、コモンネームごとに、証明書がそれぞれ必要となりますが、(アルファSSL及びアルファSSLプラスの場合は、デュアルアクセス対応ワイルドカードの場合は、同一階層の異なるサブドメインで、複数のSSLサーバ証明書を使用せず、1つの証明書でhttpsアクセスで有効にする事が可能となります。

 

例えば、メールサーバや、FTPサーバ、Webサーバが同一筐体の場合、ワイルドカード証明書を利用することで、1枚の証明書で運用することが可能です。

 

例: ワイルドカード証明書のコモンネーム: *.toritonssl.comの場合

 

受信メールサーバ: pop.toritonssl.com
送信メールサーバ: smtp.toritonssl.com
FTPサーバ: ftp.toritonssl.com
ウェブサーバ: www.toritonssl.com
ウェブサーバ: shop.toritonssl.com

 

上記のコモンネーム全てが、1つの証明書で利用可能です。

 

通常ののwebサーバでの利用の場合でも、例えば、ワイルドカード証明書のコモンネームが、*.toritonssl.comの場合1つの証明書で以下の様に運用する事が可能です。

  • secure.toritonssl.com
  • products.toritonssl.com
  • login.toritonssl.com
  • www.toritonssl.com

サブドメインの階層が以下の様に異なる場合は、階層ごとにワイルドカードが必要です。

以下の様な場合は、 *.shop.toritonssl.comで証明書が必要です。

  • secure.shop.toritonssl.com
  • products.shop.toritonssl.com
  • login.shop.toritonssl.com
  • www.shop.toritonssl.com

*.は必ず1文字以上で置き換える必要があるため、「https://domain.com/」では利用できません。

認証局によって、ワイルドカードの取り扱いが無い場合や、サブドメインの階層数に制限がある場合がありますので、サブドメインの階層が多い場合は、注意が必要です。(アルファSSLでは、特に階層制限は設けておりません。アルファSSLプラスワイルドカード詳細ついては、こちらをご覧下さい。

ワイルドカード証明書は、コモンネームに*.が含まれる為、一般の証明書より、携帯電話では、警告が出たり、アクセスできない機種が多くなりますのでご注意ください。

 

ページトップへ
SSL Supported Browsers