アルファSSLのフィッシングサイトに対する取り組み

フィッシングサイトに対する取り組み
アルファSSL > フィッシングサイトに対する取り組み

多様化するフィッシング詐欺を防止する目的として、アルファSSLではフィッシングサイトへの正規のサーバ証明書の発行を防ぐため、以下の作業を行っております。

  • 米国APWG(Anti-PhishingWorking Group)に登録されているフィッシングサイトリストに存在するコモンネームでのお申し込みは、自動キャンセルとなります。
  • 国際的な電子商取引認証局監査プログラム「WebTrust」の基準に満たないウェブサイトへの発行をお断りさせていただいております。
  • その他、サーバ証明書発行に関するあらゆる手段の審査を行っており、それらの審査基準に満たない場合は、発行をお断りさせていただいております。


上記、証明書発行時の確認作業を徹底しております都合上、発行までにお時間が掛る場合や、書類の提出が必要となる場合もございますので予めご了承ください。詳細な審査基準につきましては、セキュリティの都合上お答えできない場合もございます。何卒、ご理解をお願いいたします。

 

フィッシング詐欺とは?

実在の銀行・クレジットカード会社や著名なショッピングサイトなどを装ったメールを不特定多数に送付し、そこにリンクを貼り付けて、そっくりな偽のサイトに誘い込み、クレジットカード番号やパスワードなどを入力させる詐欺行為のこと


 

Anti-PhishingWorking Groupとは?

フィッシングに対する情報収集・提供、注意喚起等の活動を中心とした対策を行う全米のワーキンググループ


 


 

トップページへ
SSL Supported Browsers