ニュース&プレスリリース

アルファSSLからのニュースや重要な情報をお知らせしています。
アルファSSL > ニュース&プレスリリース > 2009年12月16日

国内初!スマートフォンでトップシェアのSymbianプラットフォーム向けコードサイニング証明書の取扱いを開始


2009年12月16日

報道関係者各位

株式会社トリトン

 

トリトン社、国内初!スマートフォンでトップシェアの
Symbianプラットフォーム向けコードサイニング証明書の取扱いを開始


 

電子認証サービスを展開する株式会社トリトン(代表取締役社長:石森 達也 以下、トリトン社)は、Symbian Signed用コードサイニング証明書を発行している世界で唯一の認証局・TC TrustCenter社(ドイツ)との業務提携により、日本国内では初となるSymbianプラットフォーム向けコードサイニング証明書(TC Publisher ID for Symbian)の取扱いを、12月16日より開始いたします。

 

 

◆国内初!Symbianプラットフォーム向けコードサイニング証明書取扱い開始◆

信頼された認証局(Trusted CA)は、組織に関する厳格な実在認証を、それぞれの国の実情に合わせて行う必要があり、また通貨や支払い方法といった問題もあることから、世界各国のエンドユーザーに直接提供するのは難しく、それぞれの国に登録局を設置するのが一般的です。今回トリトン社は、成長著しいスマートフォン分野でトップシェアを誇るSymbian プラットフォーム向けのコードサイニング証明書を発行している、世界で唯一の認証局であるドイツのTC TrustCenter社と業務提携し、日本国内初の登録局として、Symbianプラットフォーム向けコードサイニング証明書の発行サービスを提供開始いたします。
SSLサーバ証明書「アルファSSL」の提供をはじめとするセキュリティ事業を展開しているトリトン社は、実在認証業務でも、6年以上実績のある電子認証ベンダーで、日本のユーザー様の実在認証を最終審査直前の部分まで行っています。申込みに必要となるクーポンチケットを日本円で提供、お申込みフォームでの日本語案内と証明書発行までの日本語サポートを提供しています。この度のスマートフォン向けアプリケーション市場の拡大が進む中、Symbianプラットフォーム向けコードサイニング証明書の取扱いを開始することで、日本の開発ベンダー様からのニーズにお応えいたします。

 

◆サービスプラン◆

サービス名

価 格

TC Publisher ID for Symbian

25,200円(年額)


※価格は税込。詳細は、Webサイトでご確認下さい。(https://www.toritonssl.com)

 

◆Symbian プラットフォームについて◆

Symbianプラットフォームは、世界で最も実績のある携帯電話向けのオープンなオペレーティングシステムであるSymbian OSをベースとして、ユーザーインターフェースのS60やMOAP(S)など、ノキア、NTTドコモ、ソニー・エリクソンにより提供されたソフトウェア資産を統合しています。ソースコードはEclipse Public Licenseの下、2010年半ば頃の完了に向けて既に一部オープンソース化されています。
今回トリトン社が提供開始するSymbianプラットフォーム向けコードサイニング証明書は、非営利団体Symbian Foundation(※1)によって管理されている、携帯電話用のアプリケーション(アプリ)の安全性を保証するために、デジタル署名を発行する認証プログラムSymbian Signed(※2)の専用コードサイニング証明書です。

*Symbianプラットフォームの実績、市場性について
最初のSymbian搭載機種が2000年に発売されて以来、世界で累計約3億2,500万台が250社以上の通信事業者を通じて出荷されています。
Symbianプラットフォームは、世界のスマートフォン市場でトップシェアを占めています。

(※1)Symbian Foundation (シンビアン・ファウンデーション)について
Symbian Foundationは、モバイル機器向けの完成度が高く豊富なユーザー・エクスペリエンスを創造するために協調するオープンなエコシステムの構築を目指す独立した非営利団体です。 Symbian Foundationは、Symbian OSおよびユーザーインターフェースのS60やMOAP(S)などノキア、NTTドコモ、ソニー・エリクソンにより提供されたソフトウェア資産に基づくオープンソースのソフトウェア・プラットフォームのコードを管理しています。ソースコードはEclipse Public Licenseの下、2010年半ば頃の完了に向けて既に一部オープンソース化されています。Symbian Foundationのソフトウェアライセンス供与モデルとガバナンス構造は、透明性を確保し、各方面からの貢献を促すとともに、プラットフォームの一貫性を維持できるよう設定されています。また、協力体制と貢献、積極的な参加を奨励しており、引き続き実績を重視した運営を行っていきます。Symbian Foundationのボード(理事会)は、AT&T、富士通、ノキア、NTTドコモ、クアルコム・イノベーション・センター、サムスン電子、ソニー・エリクソン、ST マイクロエレクトロニクス、テキサス・インスツルメンツ、ボーダフォンで構成されています。Symbian Foundationはロンドン(英)、フォスター・シティー(米)、東京(日本)およびヘルシンキ(フィンランド)に拠点を置き、間もなく北京(中国)でも事業を展開する予定です。

Symbian Foundationに関する詳細は、 www.symbian.org/jp または blogjp.symbian.orgをご覧ください。

(※2)Symbian Signedとは
Symbian Signedは、信頼性と安全性が求められる携帯電話のアプリにおいて、素性が明らかなアプリの流通を図ることから、世界のオペレーターから信頼を得ています。Symbianデバイスにアプリケーションをインストールするためには、そのアプリケーションはすべて Symbian Signedのテストに合格し署名されている必要があります。Symbian Signedの署名のないアプリケーションはSymbianデバイスにインストール不可能なため安全です。

 

<参考:トリトン社提供のアルファSSL>

「アルファSSL」は、ドメイン認証方式のSSLサーバ証明書で、証明書購入者がウェブサーバ、ドメインに対して正当な管理権限を有するかどうかを自動的に検証するシステムを使用し、発行スピードとコストダウンを実現しています。企業の情報を認証する必要が無いため、個人でウェブサイトを運営されている方でも取得が可能です。自動処理には、フィッシング審査と商標ワード審査が含まれ、証明書発行の安全性を高めています。Alpha CA(中間認証局)は世界中のPC・ブラウザ等に広く搭載されたルート認証局からの認証を受けており、PCブラウザにおいては99%以上(自社調べ)の対応を実現しています。

 

 

【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社トリトン 担当 石森
TEL:0467-55-5822 FAX:0467-55-5823 E-mail:sales@toritonssl.com

【株式会社トリトン】
所在地:神奈川県鎌倉市小袋谷2-1-3 ヒルズ鎌倉1F
代表取締役社長:石森 達也
資本金:1,650万円(資本準備金含む)
業務内容:電子認証業務・ネットワークセキュリティ関連業務
https://www.toritonssl.com/

以上


 

to top
SSL Supported Browsers