ニュース

アルファSSLからのニュースや重要な情報をお知らせしています。
アルファSSL > ニュース&プレスリリース > 2013年11月25日

お知らせ


2013年11月25日

お客様各位

日頃は、アルファSSLをご利用いただき、誠にありがとうございます。

弊社は本日、11月25日(月)より、FQDNのDNSサーバのTXTレコードへ、認証コードを設定いただく事でSSLサーバ証明書が取得可能となる、新しい認証方法「DNS認証」を開始いたしました。

☆アルファSSLお申し込み時に、「メール認証」か「ページ認証」か「DNS認証」の3つのうち、いづれかをお選びいただけます。



■ SSLサーバ証明書の新しい認証方式の採用について

従来より、弊社ではアルファSSLにおいてオンラインで認証が可能な「メール認証」「ページ認証」を採用しております。
「メール認証」は、ドメイン所有者しか受信できない特定のメールアドレスへ、弊社が認証用のメールを送信し、お客様がそのメールを受信することで認証する方法で、「ページ認証」は、SSLサーバ証明書の取得申請を行ったウェブページのHTMLに、弊社が指定したMETAタグを挿入することで、お客様(申請者)とドメイン所有者との関係性を認証する新たな認証方法です。

しかし企業の場合、ドメイン所有者とSSLサーバ証明書の申請者が異なるケースも多く、お客様は認証用のメールを受信するため、メール管理者への設定依頼が必要だったり、場合によってはWHOISの登録情報を変更したりする必要があったり、Webページへのタグ挿入には、外部への依頼が必要だったり等がございました。

この度弊社では、さらなるお客様の利便性向上のため、新たな認証方法として「DNS認証」を追加いたしました。「DNS認証」とは、SSLサーバ証明書の取得申請を行ったFQDNのDNSサーバのTXTレコードに、弊社が指定した認証文字列を設定することで、お客様(申請者)とドメイン所有者との関係性を認証する新たな認証方法です。
認証方式の選択肢が広がることにより、お客様は自身の環境に最適な認証方法が選択できるようになりました。

 



■「DNS認証」方式によるドメイン認証の仕組み

1.お申し込み完了後、弊社より申請毎に個別のDNS認証文字列を提供します。
2.指定のDNSサーバのTXTレコードに認証文字列を設定します。
3.ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社より承認メールを送信します。
4.承認メールに記載されたURLをクリックし、お申し込み内容をご確認ください。
5.お申し込み内容に間違いがなければ、認証するコモンネーム(FQDN)を選択し、承認ボタン
(承認する)をクリックしてください。
6.弊社にて、認証文字列グがTXTレコードに設定されている
ことを確認し、証明書を発行します。


 

ご質問や不明な点などございましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。


以上


 

to top
SSL Supported Browsers